健康管理 病気・ケガ

犬にとって危険な「おもちゃ」6選!

犬に与えてはいけない危ない「おもちゃ」

最近は、色々な「犬用おもちゃ」が増えていますよね。

ストレス解消や老犬の痴呆対策、嗅覚や学習能力の向上につながるものなど様々です。

飼い主さんとしては、愛犬を喜ばせようと、色々なおもちゃを試したくなるのではないでしょうか?

一方、粗悪で危険とも思える「おもちゃ」や、ワンちゃんによっては、与えない方がいい「おもちゃ」もあります。

「おもちゃ」が原因で、愛犬がケガをしたり、誤飲や窒息をしたりする事故も増えているのです。

ここでは、気を付けるべき危険な「おもちゃ」について解説していきます。

1. 犬が飲み込んでしまう恐れのある「おもちゃ」

 

愛犬の体格や口の大きさによって、おもちゃのサイズを選びましょう。

愛犬が飲み込めてしまうおもちゃは、誤飲の可能性が高いので絶対に避けてください。

うっかり飲み込んでしまうと、窒息してしまう恐れのあるものもあります。

ゴム製のボールなどは、犬が絶対に飲み込めない、大きな物を選ぶようにしましょう。

2. プラスチックや金属など細かい装飾のついた「おもちゃ」

 

「おもちゃ」の中には、プラスチックや金属など細かい装飾のついた物があります。

飼い主さんの中には、人間用のおもちゃを犬に与える人もいますが、犬にとって危険な装飾が付いていないか注意してください。

犬にこのような「おもちゃ」を与えると、装飾を飲み込んでしまう可能性があります。

いくつもお腹の中に入ってしまうと、腸閉塞などを起こす可能性があるので、与えないようにしましょう。

3. 粗悪で耐久性の低いプラスチックの「おもちゃ」

おもちゃの中には、プラスチック製のおもちゃが数多くあります。

しかし、粗悪な素材や耐久性の低い物は、遊んでいる最中に壊れてしまうことがあります。

割れたプラスチックの断面でケガをしたり、壊れた部品を誤飲することもあるので、おもちゃを選ぶ際には、素材や耐久性、安全性をしっかり確認するようにしてください。

4. 硬すぎる「おもちゃ」、鋭い突起物のある「おもちゃ」

おもちゃの中には、硬すぎたり、鋭い突起物のあるおもちゃがあります。

このようなおもちゃで遊んでいたら、

「硬すぎて歯が欠けてしまった」

「歯が折れてしまった」

「突起物で口の中をケガしてしまった」

という事故も発生しています。

愛犬に適した硬さや形状のものを選ぶようにしましょう。

5. 破れやすい「ぬいぐるみ」

柔らかく破れやすい「ぬいぐるみ」には注意が必要です。

犬が噛んだり振り回した時に、ぬいぐるみが破れると、飛び出た綿を食べてしまうことがあるからです。

また、目や鼻のプラスチックの部分を誤飲することもあります。

ぬいぐるみは、犬用で安全な物を選び、なるべく飼い主が見ているところで遊ばせるようにしましょう。

6. 耐久性の低いロープ

愛犬と飼い主さんが、引っ張りっこをするためのロープがあります。

犬用のおもちゃとして販売されているロープは、通常とても丈夫に作られていますが、中には粗悪で耐久性の低いものもあります。

ロープのヒモがほつれやすかったり、切れやすかったりすると、遊んでいる最中に思わぬケガをするかもしれません。

また取れたヒモを犬が誤飲してしまう恐れもあります。

購入の際には、しっかりと安全性を確認してください。

まとめ

犬用のグッズやおもちゃが数多く販売されていますが、中には、耐久性が低かったり、粗悪な素材で作られた危険なおもちゃも存在しています。

安いからと言って安易に購入してしまうと、愛犬の健康を害したり、思わぬ事故やケガにつながる恐れがあるので注意が必要です。

購入の際には、愛犬の体格や特性に合ったおもちゃを選ぶように意識をするといいかもしれませんね。

  • この記事を書いた人

にこまる

《12歳トイプードルの女の子 にこまる》2人で山登りしています/6月水晶摘出•10月乳腺腫瘍摘出/遺伝性網膜萎縮•アレルギー体質/気管虚脱/パテラグレード2から1に!

-健康管理, 病気・ケガ