体験談 病気・ケガ

犬の乳腺腫瘍!めいちゃんの体験談!

犬の乳腺腫瘍

犬の「乳腺腫瘍」とは、乳腺の組織の一部が腫瘍化して「しこり」ができる病気です。

人間でいうところの「乳ガン」にあたります。

「乳ガン」と言われるとすごく怖い印象がありますが…(汗)

実は、犬の乳腺腫瘍は良性の割合も高く(約50%)、早期に発見し切除することができれば、根治することが可能です。

ただし、しこり(腫瘍)が大きくなると悪性腫瘍になる可能性が高くなるため、しこり(腫瘍)が小さな段階で切除することが大事になってきます。

乳腺腫瘍は、犬の腫瘍の中では、皮膚腫瘍の次に多い腫瘍です。

そのため、日頃から胸の近くにしこりがないか、チェックする習慣をつけることが大切になります。

犬の避妊手術と乳腺腫瘍の関係

乳腺腫瘍は、避妊手術をしていない「雌犬」で多く発生しますが、初めての発情が起こる前に避妊手術をすることで、乳腺腫瘍の発生を少なくすることができます。

ちなみに避妊手術をしていない雌犬では、4頭に1頭の割合で乳腺腫瘍が発生しますが、初めての発情前に避妊手術をすれば、200頭に1頭にまで発生確率が下がったという調査結果もあるようです。

しこりが大きくなるに従って、悪性の割合も高くなるので、しこりに気づいた段階ですぐに病院に行くことをオススメします。

また乳腺腫瘍は、オス犬でも発症することがあります。

乳腺腫瘍の治療法

乳腺腫瘍は、一見しただけでは、良性と悪性の判断をすることができません。

そのため、一度腫瘍を切除し病理検査を行うことで、良性か悪性かを判断することになります。

小さい腫瘍ほど良性の可能性が高く、1cm 以下であれば、ほぼ根治することができるといわれています。

反対に、大きくなるほど(3cm以上)悪性の可能性が高くなります。

良性の腫瘍は、転移することはありませんが、悪性の場合、手術をしても再発したり、リンパ節や肺などに転移したりして愛犬の命を危険に晒します。

今回は、そんな乳腺腫瘍と診断された「めい」ちゃんの体験談をご紹介します。

乳腺腫瘍と診断された「めい」ちゃんの体験談

2021年7月、「めいちゃん」が9歳の頃のお話しです。

私は、日頃から「めいちゃん」の体をチェックすることを心がけているのですが…。

ある日、左右の胸に「しこり」を見つけたのです。

あの時は本当にビックリしました…(汗)

日頃から体をチェックしていたお陰で早期発見ができました!

病院での検査の結果は、左右の胸に「乳腺腫瘍」が見られた為、乳腺腫瘍の全摘出と、避妊手術をお願いしました。

また、「めいちゃん」の体力を考え、手術までの約1か月間は、漢方薬を飲んで体調を万全にしてから手術をおこないました。

「乳腺腫瘍」手術は、1度の手術で左右の4個以上ある腫瘍を全て摘出しました。

通常は、片側づつ2回に分けて取るところもあるようですが…。

先生が「体に負担をかけさせないようにしましょう」と配慮して、1度の手術で全摘出してくれました。

切り取った腫瘍は、病理組織検査に!

病理検査の結果は、良性の腫瘍でした。

腫瘍部分は全て摘出され、転移もありませんでした。

術後の経過も順調で安心していました。

10月 手術から3ヶ月後

ところが…(汗)

術後も元気に過ごしていた「めいちゃん」に、また腫瘍が出来てしまいました。

すぐに病院へ連れて行きましたが、経過観察に!

「本当に大丈夫かな?」と、どこかモヤモヤしながら様子を見ることになりました。

11月 腫瘍発覚から1ヶ月後

まさかの!腫瘍が急に腫れて出血…(涙)

慌てて病院へ連れて行くと…

「何かしらの炎症が起きているのかも?」との診断でした。

どこかで不安を抱えたまま、薬を出してもらって家に帰りました。

その後は、腫れは落ち着いてましたが、通院を続けながら様子をみることになりました。

病院の先生からは、「食事を変えたのが原因かも?」と言われ、考えてみると…フード変えた時期に腫れていました。

「フードが原因なのかなぁ?」と、元のフードに戻してみたり、様子を見ることにしました。

それ以来、1度も腫瘍が腫れることは無く、元気に日常を過ごせています。

2022年10月

手術してから1年経ちますが、今は腫瘍の腫れも無くなっています。

しかも、腫瘍は以前より小さくなっていて、ほとんど目立たない状態に!

「ええっ!すごい!」

これには本当に嬉しくなりました。

結局、あの時腫れていた原因はよく分からないのですが…。

先生からは、「手術で使用した糸にアレルギー反応が起こったのかも?」と言われました。

改めて去年の記録を見てみると、「あの時は必死だったな〜」と、今は穏やかに暮らせているのが有り難く思います。

また、術後の傷も全くわからないくらい綺麗です。

しかし、今も定期的に「腫瘍」の経過を観察しています。

めいちゃんママさんが「乳腺腫瘍」から学んだこと!

「めいちゃん」の乳腺腫瘍の経験から、健康に長生きして欲しいと思うようになりました。

そして、今までの健康管理を見直したんです。

最初に、自然治療力をあげる為に、アニマルハーブボールを習い、認定プラクティショナー取得しました。

さらに、オンラインサロンでのペット薬膳など、いろいろ勉強中です。

最近では、漢方薬を試していて、飲み始めてから下痢や食欲不振も改善されてます。

めいちゃん!これからもママがしっかり健康サポートするからね!

めいちゃん、ママさん!

ありがとうございました。

【写真•情報提供/めいちゃんママ】

インスタグラム

https://www.instagram.com/meimeimarup

  • この記事を書いた人

にこまる

《12歳トイプードルの女の子 にこまる》2人で山登りしています/6月水晶摘出•10月乳腺腫瘍摘出/遺伝性網膜萎縮•アレルギー体質/気管虚脱/パテラグレード2から1に!

-体験談, 病気・ケガ